ヘリ救助の様子 7月19日

 ◯ 山開きの準備をやっている10時頃、女道の水場付近で滑落した人がキャンプセンターへ来られましたが、結局自力での下山は無理と言う事で救助を要請しました。救助ヘリが飛んできて、救助隊員の方が駆け足で登って来て一時キャンプセンターは騒然となりました。山で怪我などをして救助を要請すると大変だと理解して頂く為に写真などを掲載します。
 またこの時は一の鳥居などには救急車、指揮車、隊員輸送車、パトカーなどが集結します。林道に駐車される時は邪魔にならない様に心がけて頂きたいと思いますし、出来るだけ竈門神社の駐車場を利用して下さい。

 宝満山では、近頃救助要請が多く、駐車場の管理人さんの話ではたびたび救急車が来るし、ヘリもチョコチョコ飛んでいると言う話です。体調を考え、天候も予測して無理の無い登山を心がけて頂きたいと思います。おっさんが下山した20日午後にも一の鳥居には救助の車が沢山停まっていました。
救助ヘリから降下する隊員 救助する方も命がけです救助
救急隊員の方は麓から出動服を着て装備担いで駆け足で登って来られます
いくら若くてトレーニング重ねてもこの蒸し暑い中 過酷だと理解できますね救助

けが人の応急処置とヘリ釣り上げの準備をする隊員 怪我がひどいと時間との勝負です救助
上部で救助活動中の一の鳥居の様子 心強いけど簡単には遭難できませんね救急
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから