FC2ブログ

5年前 3月11日

◯ 今日午後から買い物に行って3時前に帰宅した。パソコンの前に座っていると、ウ~~とサイレンの音が続いた。時計を見ると2時46分を差している。そうだその時なんだとしばらく時計の針を見つめていた。

 テレビ、新聞でここ連日報道されているので頭には入っていたが、時計の針を見ているとあの時の情景がドンドン思い出されて来た。

 あの頃はまだ仕事をしていて、中学校の用務員として勤めていました。
あの日は、明日の卒業式を控えて何かと雑用が多く、もちろん学校中が準備で落ち着かなかった、と思う。
 来賓の控室になる予定の第2図書室の蛍光管の交換をやっていた。脚立に登り上がっていて、そう 忘れもしない3時11分東京葛飾に住む息子から ”大地震があった、オレは無事だ。”と簡単なメールが来た。この後連絡はつかなくなった。

 掃除をしていた事務職員の方に東京で地震があったみたいですよ。と伝えるとじゃあ事務室のテレビを見て来ますと出て行かれた。作業を終えて事務室へ行ってみると、5~6人の先生たちが棒立ちでテレビを見ている。
 あの光景は、津波が市街地に押し寄せる、あのおぞましい情景にはただただテレビの前で立ちすくむばかりだった。

 その後、卒業式の準備は終わったんだろう、式は無事に終わったと思っているから。記憶が地震で溢れているのでそこの部分は抜けてしまっている。
 結局 息子とは次の日まで連絡がとれなかった。部屋中がごちゃごちゃになったけど怪我なく大丈夫、近所のコンビニでは食料が無くなったけど、速攻でパンと水を買ってきたので1週間ぐらいは籠城できると聞いてひと安心した。

 そして月末に予定していたキャンプセンターの設立周年祭は中止になりました。

 そしてその1週間後、福岡に住む甥っ子が突然に亡くなったと連絡が来た。寂しい思いばかりです。
亡くなられた方、まだ未発見の方、避難されている方、怪我をされた方....お見舞い申し上げます。

 あの日、何が起きていたのか  と題してNHKのアーカイブが公開されています。ここをクリックすると移動します。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから