瞬く間の春模様 4月19日

◯ 熊本地震はまだまだ収束とはいかない感じですが、何も出来ない身とあってはただただ平凡な日常を送るだけです。
 落ち着いたら少しばかりの寄付をさせて頂こうかなと思ってます。SMAPも4億円寄付したそうですから。

 竈門神社の桜もすっかり葉桜になり、石楠花の花が華やかに咲き始めました。16日17日は縁結び大祭が行われていましたが、地震の影響で参拝者は少なかったと思います。ピンク色の梅ケ枝餅を頂きました。

 キャンプセンターの桜も一本を残して新芽を吹いています。山中は新芽の季節になり、春に落葉する樫の木やクスノキなどの落ち葉が登山道を埋めています。

キャンプセンターの桜はこれ一本のみ。楓も広場の草も緑色、すっかり若やいでいます。春

ギボウシの若葉。岩場にも沢山新芽が吹いています。山菜としても人気ですがあんまり食べないで下さいね。ギボウシ

マムシグサ 独特の形状と茎の模様 サトイモ科テンナンショウ属の特徴ですが屋久島のクワズイモ、蒟蒻、里芋などはみんなこんな感じですね。折り取る人が見受けられますが、そっと見て撮るだけが山男山女の優しさです。マムシグサ

こちらはマムシグサに良く似ているけどムサシアブミだ。同じくサトイモ科テンナンショウ属の植物だけどマムシグサほどには目にする事は少ない。宮本武蔵に何で関係有るのかと思っていたら、武蔵の国で作られる鐙(あぶみ)に似ているからだそうな。おっさんは何も知らんね。F1010427.jpg


一の鳥居の石楠花 ここは峰入りの時山伏問答が行われる場所ですが、階段が始まる前に今日も楽しい宝満登山にしてくださいと狛犬様にお祈り致しましょう。石楠花

山頂岩場のミツバツツジ。緑が増えた尾根筋の樹林下にピンク色が目立ちます。ミツバツツジ

シャガの花。種子を作らないので人為的に植えなければ繁殖しない。多分山伏さんが植えたのでしょう。庭に植えると細い根を伸ばして猛烈に増えてシャガ畑になってしまう厄介者です。でも花は、アナタと同じくすこぶる綺麗です。シャガ

今年も咲きましたアオダモの花、ヒトツバタゴと同じトネリコの仲間。車道分岐の溜池の所に咲いていますが、上を向いて歩かないと気づきません。今年は花つきがすこぶるよろしいようです。アオダモ

上を向いて歩かないと気づきませんが、バット けつまずいて転ばない様にです。アオダモ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから