紫陽花や 照っても降っても 頭下げ 6月9日

◯ 梅雨入りして途端に湿度高くなって日差しが強くなりました。これからしばらくは宝満山登山も汗との戦いですね。

先日 友人(悪友ではありませんよ。おっさんに山を教えてくれた老朋友です。)に誘われて久し振りに久住に登って来ました。今年は例の虫の発生が少ないとの事で綺麗な満開状態でした。扇ヶ鼻と岩井河岳の間のドウダンの斜面まで足を延ばしましたが、こちらも満開で同行された若い女性はしっかりと感激されておりました。
濃いピンクのサラサドウダン 白っぽいの、緑っぽいの、紅っぽいの、小さいの、大きいの様々の満天星がトンネルになってる様は、ミヤマキリシマの華々しさとは違った美しさだ。ドウダン
テイカカズラの花。一年に一回はこの写真をアップしたいと思っているけど高い所に巻き付いているので、なかなかアップでは撮れない。式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説がある。テイカカズラ


 ◯ みやま市の清水山(きよみっちゃん)にバイオトイレが出来たと聞いて早く見に行きたいと思っていたがやっと行く事が出来た。
清水山は筑後市、柳川市、八女市付近の方たちの思いのこもった山で、福岡の我々が宝満山に対するのと同じ思いの山ですね。

 雪舟作と言われる本坊庭園には作庭の勉強をしてる時に行ったけど、山をゆっくり歩いた事は無かったので今回はトイレ見学を兼ねてゆっくりと登ってきました。本坊庭園~清水寺~展望台~清水山~丸山~永興寺~藪漕ぎ~本坊庭園とぐるりと回って来ました。お~とトイレの話だった。

大観峠の広場の端に真新しいトイレがあった。簡素でちっちゃくて景観にあまりダメージを与えない作りで良かった。お会いした登山者の方には登山口から大した時間もかからない場所にこんなトイレは必要は無いと言われましたが、桜や紅葉の時期には子どもたちも来るんでしょうからあればあったで宜しいのではないかと思うのですが。突然腹が痛くなることもありますしね。トイレ

トイレの内部は普通の洋式便器。用足しが終わって部屋を出ると自動で攪拌装置が動きます。トイレ

キャンプセンターのバイオトイレと同じような注意書きが貼ってあります。トイレ

ここは完全に水が無い場所ですので、手洗いの水はペットボトルで補充みたいですね。中央のタンクにキャンプセンターの手洗い器のチョンチョンがつけて在りますが、素敵なアイデアだと思いました。手洗いボールがなんだか高級そうですね。トイレ

トイレの外観。電力メータ、ブレーカー?、臭突、換気扇。100mほど下には電力線の通った林道が在るのでここから電線を引き込んであります。バイオトイレにとって電力線が在るのは最大の味方です。トイレ

トイレの後ろ側。レール様の物が在りますが、バイオトイレのメンテナンスをする時に扉を明けてトイレ本体を引っ張り出す設備です。キャンプセンターのトイレはこれが無いので苦労しています。トイレ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから