涼しさ満喫 9月22日

◯ 台風は日本列島を串刺しにして通過しましたが、北部九州は被害少なくて良かったです。それでも登山道には沢山の落ち葉、枯れ枝、中には大きな枝が散乱していました。
 気温も下がり22日の朝方は15度で薄ら寒さを感じました。晩飯は久し振りに鍋になりました。

18日の大雨で各水場も水量が復活しました。キャンプセンターの水場もご覧の通りです。水場の周りには沢山の花が咲き誇っています。ツリフネソウ、ミズヒキ、イヌタデ、ヒキオコシ、アザミ、ミゾソバ、ウマノアシガタ等など。水場

カワミドリで大丈夫? 長~い花序を延ばして上へ上へ咲上がっていきます。カワミドリ

ヤマイモの実とヘビの抜け殻。ヤマイモは夏頃白い花が咲きますが、それが結実したものがこれで鼻の頭につけて遊びましたね。3枚羽で一枚に薄い種が2枚入ってます。ヤマイモ

アサギマダラが飛んでいます。暖かい故郷へ帰る途中なのかも知れません。とまっている花はヒヨドリバナですが、大好きなフジバカマの花は自然界では絶滅危惧種で見ることは出来ないそうです。アサギマダラ


下山中の林道脇にシロオニタケがありました。まだ開傘前でしたが、純白の姿は見とれるほどでした。オニタケ

面白いTシャツを着てありましたのでチョット撮らせて頂きました。面白い文言ですね。市販品では無く個人で作られたものです。シャツ

 登山中、中宮跡で写真を撮っていますと何匹ものヘビが草薮の中へ逃げ込むのを見ました。涼しくなったので日向ぼっこの最中かなと思いました。マムシではありませんでしたが、実はおっさんの友人がマムシに噛まれて10日間の入院の憂き目にあいました。指を噛まれたんですが、保険証を持たなかったので帰宅後受診したので時間がたってひどくなったんだと思います。
 今の時期はスズメバチにも刺される事もありますので、応急処置の方法を知っておくのは大事かも知れません。

これはキャンプセンターに常備している毒液を吸い出す器具です。色々ありますが、これは800円程度で構造も簡単です。噛み口に押し当ててレバーを引くだけです。一度スズメバチに刺された部員に使った事がありますが、後々問題がありませんでした。ザックの片隅に入れておけば安心です。もちろん下山したら速攻で病院ですね。リムーバ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから