青空に紅葉映えるキャンプセンター 11月11日

11月に入って天候が安定して、キャンプセンターも晩秋の雰囲気が漂っています。

11日はキャンプセンター施設のメインスポンサーである西鉄の宝満山登山会が催された。
我々西鉄山友会はキャンプセンターにおいて、だご汁とぜんざいを作って皆さんに食べて頂くお役目でした。
 参加人数は120名でしたが、だご汁の食材は重いものが多いのでボッカが大変です。11月に入って暇をみて少しずつ荷揚げデポしていました。

 10日、 だご汁用の生物と泊まり込んで準備をするメンバー10名分の食材を買い込み午後から登りました。
かまどの準備、水くみ、仕込み、晩飯の準備等など手分けして働きました。今回は西鉄本社登山部から4名の応援を頂きましたのでホントに助かりました。
 が!夜8時頃から雨になり、だしを取った大鍋をあわてて小屋の中へ避難させるハプニングがあり、楽しい夕食タイムが寸断しました。
 当日の朝方は気温9度、雲は多いが輝く朝日が顔を出して好天の予報を期待して準備に勤しみました。

 11時頃から、キャンプセンターに到着する参加者が多くなり楓の紅葉を愛でながら、だご汁を味わって貰いました。昼食が終わったらぜんざいも味わって頂きました。企業の社内イベントの良さは、異部署、異業種等の交流が出来る事が利点ですが、部員もアチコチの山友達や社友に声をかけ、かけられ久し振りの邂逅を喜んでおりました。

 どんなイベントでも世話役は大変ですが、最後まで食事もされず登山の状況を心配しておられました。
そして我々は終わったら、すべての後片付けが待ってます。大鍋、お椀、ボール等の洗浄、乾燥、保管やかまどの撤去、ゴミの処理、梱包等など。下山する頃には今夜のテン泊の登山者が登って来ます。

 好天に恵まれ、事故も無く無事に登山会は終了しましたが、一般の登山者の皆様にはご迷惑をおかけした部分もあったかと思いますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。

応援を頂いた本社登山部のメンバー。この看板を持ち上げますが、重さは軽いが持ちにくい事。登山口

最初は2人で持っていたが、どうも歩きにくく結局このスタイルで交代で揚げた。看板

古い看板を更新しました。今度はアルミのフレームと退化しにくい印刷ですので大丈夫です。
バイオトイレは運営、維持に相当の費用がかかります。ご協力頂ける方は、宝満山登山の折にでも竈門神社へ申し込んで頂けると幸いです。看板



ドラム缶のカマドでだご汁とぜんざいを作った。ちなみにドラム缶も大鍋も、テーブルもみんな背負子にくくりつけてボッカしたものです。ドラム缶

鍋の周りに集まって、鍋の中を覗き込み、団子が豚肉が蒟蒻が‥‥、楽しいですね。紅葉

辛いボッカして、一生懸命頑張ったのだから、楽しい食事が無いことにはですね。おっさんが食事担当でしたが、ご飯が少しゴッチン! 猪肉の焼肉が焼きすぎて硬い、鍋の具材が多すぎて煮しめになっちゃって、みんなゴメンナサイね。料理

 宝満山は紅葉の盛り、中宮跡から上部はキレイキレイの尾根模様、青空と日差しは紅葉の必須の条件ですから、好天の今週は1番の見頃です。

紅葉

紅葉

黄葉

竈門神社の紅葉もかなり色づいて来ました。まもなく紅葉まつりも始まります。ライトアップされた紅葉を是非お楽しみ下さい。西日が当たる夕方が素敵だと、おっさんは思います。紅葉
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから