シャガの花 シャカっとスマホ ニッコリこ 5月13日

◯ 行事のある日に雨になると嫌ですね。
13日は、高体連の登山競技と宝満山伏の春の入峰が行われた。

 高体連は例年の如く若杉山からの縦走、ポイントチェックに来られた修猷館登山部の顧問の先生も雨模様の空を眺めて浮かない顔だ。
朝5時半出発で5時間の予定らしく 11時頃外に出たらすでに通り過ぎて誰もいなかった。

山伏は12時頃到着した。
みんな ずぶ濡れで、白い地下足袋もすっかり泥だらけの状態。
鈴懸の上にカッパ着るわけにもいかないだろうから。

客室に上がり込んで食事タイム、部屋が薄暗いので照明を入れた。

山伏と言えば普段縁の無い方だけど、勤行やってる時は厳しい雰囲気ではあるが話をすれば普通の気さくなオッサンだ。

頭はほぼ剃髪状態、天台系のお坊さんは原則坊主頭らしく、長髪の坊さんも珍しくない今時 清々しい。
アホな質問をしてみる。
本職はなんですか?
色々ですが、寺の住職が多いけど普通のサラリーマンもいます。
住職の者は古の山伏の末裔の方もおられます。

山伏としての行事は多いのですか?
春と秋の入峰、大護摩供(今年は5月27日)の3回です。

着てある衣装はいくらですか?
この鈴懸は30万円します。
需要が少ないのと、手作り品ですから値は高いです。

峰入りの時はキャンプセンターに居る事が多いので、全行程見たことが無い。
今度は是非護摩供を含めて見たいもんだ。

食事タイムの山伏の面々山伏

金剛界 宝満山、胎蔵界 英彦山を表示した標識山伏

夏が近づき日射が強くなると、ソーラーの発電量も増えてバッテリーの状態も活発になる。監視を怠ると蒸留水不足になって寿命に影響を与える。バッテリー

これは補充用の蒸留水10リットルパック、小分けしてバッテリーに入れます。水

小屋の裏に大きな落石があった。少し傾斜があるので雨で緩んで落ちたのだろうが、あまり良いことでは無い。かなり大きな杉の木もあるので、これらが台風なんかで倒れたら小屋はオシャカだ。落石
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

宝満2008

Author:宝満2008
宝満山キャンプセンターへようこそ!
管理人です。お世話になってます。
⇒メールはこちらから